エックスサーバで「無料独自SSLの設定に失敗しました」の対処方法

エックスサーバでドメイン設定(ドメイン設定の追加)をしたところ、「無料独自SSLの設定に失敗しました」とメッセージがでました。

ドメイン設定時

↓ エラーメッセージは以下のように「無料独自SSLの設定に失敗しました」とメッセージがでました。

このエラーメッセージがでたときの対処方法を記載します。

手動で SSL 化することができましたので、それを記録したいと思います。

スポンサーリンク

このメッセージが出た時の対処方法

メッセージが画面にある「SSL設定」をクリックします。

ドメイン追加時のエラー

すると、「SSL設定」という画面に飛びます。「独自SSL設定の追加」をクリックします。(タブ形式になっています。)

タブが切り替わったら、「独自SSL設定を選択する(確定)」をクリックします。

「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。※処理には数分程度かかる場合があります。」と青背景のメッセージがでます。すぐに申請は完了します。

「独自SSL設定が追加が完了しました。」とメッセージがでます。

「SSL設定の一覧」タブをクリックすると、SSL用のアドレス(https に S がついたアドレス)になっていることが確認できます。

WordPress 一般設定での注意箇所

WorePressアドレス(URL) と サイトアドレス(URL)のアドレスは、SSL 化されていません。

この部分も手動で SSL 化する必要があります。

http の あとに s を追加します。(小文字のSです。)

変更前:http://

変更後:http://

※わかりやすさを重視するために、全角表記にしています。

これで、保護された安全な通信になりました。

まとめ

エックスサーバでドメイン設定(ドメイン設定の追加)で「無料独自SSLの設定に失敗しました」というメッセージが出た時の対処方法は、

1.メッセージにある「SSL設定」を選択。

2.「独自SSL設定の追加」タブを選択。

3.タブが切り替わったら「独自SSL設定を選択する(確定)」

これだけです。

いかがでしたでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です